島村楽器 イオンレイクタウン店 シマブロ

島村楽器 イオンレイクタウン店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

DTM初心者が録れコンに応募する!? Vol.5~解説~

みなさま、お久しぶりです!レイクタウン店の若菜です!

驚くべき事にこんな拙いブログをツイッターでフォローしてくれている方がいるようで大変嬉しく思っています。

録れコンのほうにも徐々に受付が増えてきました。ありがとうございます。

さて、今回は私のレコーディングではなく番外編として以前にコメントで「実際の画面で見てみたい」という要望があったのでそちらの解説をしていきます。分かりづらいかもしれませんが参考にしていただけたら幸いです。

画像

まずはドラムトラックを作成します。そのためにトラックを追加します。

ある程度パソコンを触れる方なら簡単です。ワードやエクセルと大差は無いですね。

ドラムの打ち込みのトラックなので「インストゥルメント」を選択します。

画像

ドラムの音の種類を選びます。ここは聴きながら好みで選んでください。今回は「Rock Multi」というキットを選択します。

画像

音を打ち込む範囲を設定します。とりあえず2小節選択します。色が青くなっている部分が選択されている範囲です。

画像

そうしましたらドラムを打ち込む為の「ドラムエディター」という物を呼び出します。

写真の左側にバスやスネアなどが表示され、小節が右に向かっています。クリックすると十字にクロスしているところに音が入力されます。

画像

こんな感じに入力していきます。入力した所にはひし形が表示されます。上からバスドラム、スネアドラム、クローズハイハットです。

画像

ドラムエディターでは各ドラムの音色を選択するとベロシティー(音量)情報が表示され、それぞれ調整する事が出来ます。写真下段の縦長のバーです。長いほど音量が大きくなります。このバーをクリックして音量を調整します。ハイハットなどは3段階ぐらい(弱、中、強)にしてあえて音量を合わせないことにより人間味のあるドラムになりグルーヴ感が出せます。

画像

このようにして2小節作ったら後はコピー、ペーストしていきます。フィルを入れたいところなどはまたドラムエディターを開けば小節ごとに設定できます。

画像

今度はベースの打ち込み画面です。今度は「スコアエディター」という物を使います。音程のあるものの打ち込みにはこれを使用します。ドラムとの違いは画面左側が鍵盤になっているところで打ち込み方法は同じです。

画像

こんな感じになります。長さやベロシティーも調整できます。

いかがでしたでしょうか?参考になりましたでしょうか?私はこんな感じでドラムとベースを作りました。

今回のように出来る範囲で要望には応えていこうと思うのでご意見ありましたらコメントして下さい。

では、次回もお楽しみに!

録れコンとは

全国の音楽ユーザー、パーソナルクリエイター、プレイヤーを対象に、楽曲、録音、アレンジ、オリジナリティのクオリティを競うコンテストです。

受付期間は2011年1月15日(土)〜2011年3月31日(木)まで!

応募について

受付期間 2011年1月15日(土)〜2011年3月31日(木)まで
結果発表 4月30日(土)
応募資格 年齢、国籍、個人・グループ、ジャンル、オリジナル・コピー等一切問いません。
ただし、特定のレコード会社、出版社、プロダクションに所属していない方で、
MTRDAW・その他録音機器などを使用した録音作品に限ります。
応募方法 1.作品収録のオーディオCD(MP3などの圧縮フォーマットは不可)
1曲のみ(6分以内)収録のもの
マイナスワンなどのカラオケを使用しての応募は出来ません。
作品はデータ保護のため必ずケースに入れてお持ちください。
レコーディングスタジオ等におけるプロエンジニアによる録音作品は応募出来ません。
2.応募用紙
島村楽器店頭及びHPにて配布 ⇒⇒⇒ 応募用紙 ダウンロード
3.楽曲データシート
島村楽器店頭及びHPにて配布 ⇒⇒⇒ 楽曲データシート ダウンロード
楽曲データシートに歌詞・使用機材など必要事項を添付or記入
4.参加料 1曲につき
会員※¥1,575(税込)
一般¥1,890(税込)

※会員とはシマムラメンバーズカード所有者です。

以上4点をお持ちのうえ、店頭にてお申し込み下さい。(応募メディアは返却できません)
最終締切:3月31日(木)

イオンレイクタウン店 048-990-3340 担当 若菜


イオンレイクタウン店の若菜の「DTM初心者が録れコンに応募する!?」シリーズ

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.