読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンレイクタウン店 シマブロ

島村楽器 イオンレイクタウン店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

弓木英梨乃 女子による女子の為のギターセミナー実施しました!

レポート

ギター女子のためのエレキギターセミナー

2013年9月22日(日)、島村楽器イオンレイクタウン店にて「弓木英梨乃 女子による女子の為のエレキギターセミナー」を実施致しました。女子限定というはじめての企画でしたが大勢のギター女子、これからギターを初めたいギター女子予備軍の方々にご参加頂きました。みなさんありがとうございます!!私、高橋は男子、しかもアラフォーのただのおじさんですが今回担当させて頂きましたので、その模様をレビューしてみることにします。

講師は弓木英梨乃さん

弓木英梨乃

とってもキュートな方でした。

弓木英梨乃

さあ、セミナーがはじまりました!

弓木英梨乃

まずはデモ演奏。ハードロックの王道のあの曲からスタートです!!ロックに目覚めた高橋には堪りませんでした!

弓木英梨乃

食い入るように弓木さんの手元を見つめるギター女子たち。とても正確なフィンガリング!そしてヴァイオリンもやってらっしゃるからでしょうか?ヴィブラートの音がヴァイオリンのように艶やかでした。

弓木英梨乃

ストラトタイプの説明。初心者の方にもわかりやすいように難しくない言葉を選んでギターの種類、アンプのセッティング方法、エフェクターについて伝授して頂けました。

弓木英梨乃

弓木さん自身も使用しているヤマハ パシフィカ PAC611HFMの説明。いろいろなギターについて知る事もとっても大切。

弓木英梨乃

カッティングの切れ味もバツグンでした。

弓木英梨乃

ギターを弾かなければかわいらしい23歳の女性(失礼!)ですが一度ギターを弾き始めると強烈に激しいギタリストに変貌します。このギャップが弓木さんの魅力ですね。最後のデモ演奏は、人気アニソンの有名曲!!会場が興奮の渦に巻き込まれました。終了後も残っている女子にカッティングを親身になって教えてくれたりととても優しい弓木さんでした。

弓木さん、本当にありがとうございました!そして参加してくれたギター女子の皆さんは毎日練習して、このレイクタウンから弓木さんのように羽ばたいていってください!!

弓木英梨乃プロフィール

1990年8月8日、大阪生まれ。

2歳半からヴァイオリンを始め、音楽のキャリアをスタートさせる。

中学1年時にビートルズの「Ob-La-Di, Ob-La-Da」を聴いて衝撃を受け、ビートルズを聴きまくり、父親のギターを借りてひたすら楽曲を完全コピーする日々を送る。

中学3年生頃から父親にプレゼントされたMTRでオリジナル楽曲の制作を始め音楽的才能を開花させ、同時にスティーヴ・ヴァイやスティーヴィー・レイ・ボーンにも憧れ、ギターインストも作り始める。

2009年19歳でEMIからシンガー・ギタリスト・ソングライターとしてデビュー。年齢とルックスからは大きなギャップを感じさせるテクニカルかつ、時に激しいギタープレイで注目を浴びる。

2012年から絶大な評化を受けるギターをフィーチャーして、ライブサポートやレコーディング、レッスン講師等、ギタリストをメインに活動を始める。

2013年、サウンドとルックスの両面で大きく貢献できる稀有な女性ギタリストとして評判がうなぎのぼりになり、新生KIRINJIの正式メンバー(ギター&ヴァイオリン)に抜擢される。

華のあるソロプレイの印象が強いためエレキのイメージに偏りがちだが、安定感のあるアコースティックギタープレイも評価を得ている。

目標

自らの揺るぎないルーツでもあるThe Beatles。何としても一緒のステージに立ちたい!という強い想いから、5年以内(2017年まで)にポール・マッカートニー(現在70歳)のバックでギターを弾くことを心に決めている。

Works

※ライブ演奏=(Live)、作曲=(Compose)、編曲=(Arr)、レコーディング演奏=(Rec)、レッスン=(Lesson)

相川七瀬(Live& Arr& Rec)、ABCHO-石川梨佳&吉沢ひとみ-(Live)、KIRINJI(Live&Rec)

桜木せいら(Live&Rec&Lesson)、スパンクル(Live)、武川アイ(Live)、玉城ちはる(Live)

FROM CRESCENT(Live)、ベッキー(Live)、miwa(Live)、吉木りさ(Lesson) 、Etc.

Favorite

The Beatles 、野球(経験あり)、ホルモン

イベントに関するお問い合わせはこちらまで!

電話番号 048-990-3340
担当 高橋伸幸
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.